FC2ブログ

<経済指標コメント> 米8月CPIは前年比+1.7%

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
[米国]

鉱工業生産指数(8月)は前月比-0.1%、設備稼働率は78.8%(前月比-0.3%ポイント)

8月の鉱工業生産指数は7ヶ月ぶりに小幅低下し前月比-0.1%。内訳は製造業同-0.4%、鉱業同+0.5%、公益事業同+1.0%。製造業生産指数の低下は自動車及同部品の生産指数の低下(同-7.6%)が主因。もっとも自動車及同部品の生産指数は前月に同+9.3%と大幅上昇しており、8月の低下はその調整と考えられる。自動車生産台数(乗用車及び軽トラック)は、7月の8.09百万台(前月比+1.08百万台)から8月は同7.16百万台(同-0.93百万台)に大幅減少しており、また8月雇用統計で自動車及び同部品製造業の雇用者数が8月に前月比-4.6千人と前月の同+12.8千人から減少に転じたこととも整合している。しかしながら、8月の新車販売台数は年率17.4百万台と実に8年ぶりの年率17百万台台に急増しており、今後自動車生産需要は再び増加すると考える。総じて8月鉱工業生産の低下は一時的なものと見る(9月6日付<経済指標コメント>参照)。9月の企業景況感指数を見ると、NY連銀製造業指数の出荷DI、フィラデルフィア連銀製造業景況感指数の出荷DIともに前月比上昇しており、9月には再び生産の再拡大が見込める。

20140921b図1

消費者物価指数(8月)は前年比+1.7%、同コア指数は同+1.7%

8月の消費者物価指数は昨年4月以来の前月比低下となる前月比-0.2%、前年比では+1.7%と5月のピーク同+2.1%から3ヶ月連続で伸び率が低下した。同コア指数は前月比横ばい、前年比+1.7%とこちらも5月ピーク同+2.0%から3ヶ月連続で伸び率が低下。インフレ率低下の主因はエネルギー価格低下と関連サービスの価格低下。ガソリン価格は前月比-4.1%(前年比-2.8%)、またエネルギー価格の影響を受けやすい運輸サービスが前月比-0.6%(前年比+1.5%、直近ピークは6月の同+3.2%)と価格低下している。エネルギー価格低下により年後半にインフレ率は一時的に低下し、その後再び堅調な伸びを見せるとの個人予想に沿った動きであり、来年にかけて再び米国のインフレ率は上昇に向かうとの見方は維持したい。

20140921b図2

住宅着工件数(8月)は年率956千戸(前月比-14.4%)、住宅着工許可件数は同998千件(同-5.6%)

8月の住宅着工件数は年率956千戸(前月比-14.4%)と大幅減少、前月の同+22.9%増から反落した。もっとも着工が大幅減少したのは集合住宅で、一戸建て住宅の着工件数は同643千戸(同-2.4%)と小幅減少にとどまっている。住宅着工許可件数も同998千件(同-5.6%)と前月の同+8.6%から減少に転じた。しかし総じて住宅着工件数はゆるやかな増加基調を保っており(6ヶ月移動平均は上向き)、7-9月期の住宅着工件数は8月までの平均で4-6月期に比べ+5.2%増加している。7-9月期のGDP統計上の住宅投資は2四半期連続のプラスの伸びになる見込みだが、そのペースは前期よりもやや減速するリスクが出てきている。

20140921b図3

スポンサーサイト



コメント

トラックバック