FC2ブログ

<経済指標コメント> 日本の11月鉱工業生産指数は前月比-1.0%

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
[日本]

鉱工業生産指数(11月)は前月比-1.0%

11月の鉱工業生産指数は前月比-1.0%と3ヶ月ぶりの低下。出荷指数も同-2.5%と3ヶ月ぶりに低下した。出荷の大幅減を背景に在庫指数は同+0.4%と3月ぶり上昇、在庫率指数は同+2.9%と3ヶ月ぶりに上昇した。11月は出荷の減少が在庫調整にともなう生産縮小を上回り在庫が再び積み上がり始めた形である。生産指数の3ヶ月移動平均はかろうじて2ヶ月連続上昇しており、中期的には2015年年央をボトムに底入れの兆しもみえつつある。ただ、在庫率は依然高水準にあり、在庫循環図もまだ在庫調整局面にあるため、生産の回復には在庫調整が一巡する2016年半ばまでかかりそうだ。企業設備投資の先行指標となる資本財出荷指数は同-2.5%と前月の同+2.0から反落。11月までの10-12月期資本財出荷は前期比-0.7%と4四半期連続のマイナスの伸びとなっている。10-12月期のGDP統計上の企業設備投資はマイナス成長に転化するリスクが出てきている。なお、公表元の経済産業省は鉱工業生産の基調につき「一進一退」との判断を据え置いている。

20160103図1
スポンサーサイト

コメント

トラックバック