FC2ブログ

<経済指標コメント> 米1月中古住宅販売戸数は年率5690千戸

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
[米国]

中古住宅販売戸数(1月)は年率5690千戸(前月比+3.3%)、在庫期間は3.6ヶ月

1月の中古住宅販売戸数は年率5690千戸(前月比+3.3%)と反発。3ヶ月移動平均は同5600千戸(同+1.0%)と4ヶ月連続の上昇。住宅ローン金利の上昇(1月時点で30年物固定住宅ローン金利は約4.2%)にもかかわらず、中古住宅販売は堅調な増加基調を保っている。販売在庫は1690千戸(同+2.4%)と、4ヶ月ぶりに増加したものの、前月までの大幅減の影響で在庫期間は3.6ヶ月と2005年以来の低水準にとどまっている。中央販売価格は前年比+7.1%と価格上昇ペースがやや加速している。総じて中古住宅販売市場は堅調な増加を続けている一方、供給不足もあり需給は極めてタイト、住宅価格には上昇圧力がかかっている。公表元の全米不動産業協会(NAR)はプレスリリースで「昨年末の強い雇用と消費者信頼感の改善で住宅購入意欲が高まった」と述べている。

20170226図1


新築住宅販売戸数(1月)は年率555千戸(前月比+3.7%)、在庫期間は5.7ヶ月

1月の新築住宅販売戸数は年率555千戸(前月比+3.7%)と反発増加。6ヶ月移動平均は同560.0千戸(同-2.0%)と2ヶ月連続の低下であるが、これは昨年7月の一時的急増要因の剥落であり、総じて新築住宅販売も堅調である。販売在庫は265千戸(同+3.5%)と6ヶ月連続の増加。結果在庫期間は5.7ヶ月と、適正とされる6ヶ月に近い水準で推移している。住宅着工の回復で新築住宅販売市場は適度な需給に回帰している。

20170226図2

スポンサーサイト

コメント

トラックバック