FC2ブログ

<経済指標コメント> 米7月消費者物価指数は前年比+1.7%

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
[日本]

景気ウォッチャー調査(7月):現状判断DIは49.7(前月比-0.3ポイント)、先行き判断DIは50.3(同-0.2ポイント)

7月の景気ウォッチャー調査、3ヶ月前と比較しての景気の現状に対する判断DIは49.7(前月比-0.3ポイント)と4ヶ月ぶりの低下。家計動向関連DIは横ばいだったが、企業動向関連、雇用関連が低下した。2~3ヶ月先の景気の先行きに対する判断DIは50.3(同-0.2ポイント)と反落。雇用関連DIが上昇したが、家計動向関連・企業動向関連が低下した。総じて街角景気は、年初からも持ち直しが続いているもののここ2、3ヶ月は一服感があるといえる。景気判断理由としては「気温の上昇に伴いエアコンを中心とした季節商材の販売が伸びている(家電量販店)」「宿泊については、インバウンドは引き続き好調(都市型ホテル)」などの良い要因の一方、「製品単価の値上げや工法によるコストアップ、人件費の高騰(建設業)」「人手不足(同)」などコスト増による先行き懸念を示すものがみられる。

20170812b図1

機械受注(6月、船舶・電力を除く民需)は前月比-1.9%(前年比-5.2%)

6月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比-1.9%(前年比-5.2%)と前月比で3ヶ月連続減少、前年比でも3ヶ月ぶりのマイナスとなった。結果4-6月期の同受注は前期比-4.7%と2四半期連続のマイナスとなった。経済産業省鉱工業生産指数統計による4-6月期の資本財受注は前期比プラスを確保しており、4-6月期GDP統計における設備投資は3四半期連続のプラス成長になりそうだが、受注の減少はその後の持続性に対する下方リスク要因である。

20170812b図2

[米国]

消費者物価指数(7月)は前月比+0.1%(前年比+1.7%)、同コア指数は前月比+0.1%(前年比+1.7%)

7月の消費者物価指数(CPI)は前月比+0.1%(前年比+1.7%)と3ヶ月ぶりの前月比上昇で、前年比上昇率も5ヶ月ぶりに上昇に転じた。前月比では、前月まで2ヶ月連続低下していたガソリンが7月は横ばい、衣服(同+0.3%)、医療財(同+1.0%)、医療サービス(同+0.3%)などが上昇した。一方で新車(同-0.5%)、中古車(同-0.5%)などが下落した。食品及びエネルギーを除くコアCPIは前月比+0.1%(前年比+1.7%)と4ヶ月連続上昇、前年比伸び率は横ばいだった。年初から低下傾向にあるCPIインフレ率は7月単月ではいったん低下に歯止めがかかった形である。今後原油価格が安定推移すれば、年末の総合CPIインフレ率は前年比+1.3%、コアCPIインフレ率は+1.5%程度になると見ている。これは当レポートの想定を下回るペースであるが、FOMCの金融緩和政策解除を妨げる要因にはならないと見る(8月12日付<経済レポート>参照)。

20170812b図3



スポンサーサイト

コメント

トラックバック