<経済指標コメント> 米3月消費者物価指数は前年比+2.4%

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
[日本]

機械受注(2月、船舶・電力を除く民需)は前月比+2.1%(前年比+2.4%)

2月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比+2.1%と2ヶ月連続の前月比増加。前年比でも+2.4%と2ヶ月連続のプラスの伸びを維持した。2月までの1-3月期同受注は前期比+4.3%と前期の同+0.3%から伸びが加速している。1-3月期には一時的に軟化が予想される設備投資も、その後は堅調な拡大への回帰が示唆されている。

20180415b図1

景気ウォッチャー調査(3月):現状判断DIは48.9(前月比+0.3ポイント)、先行き判断DIは49.6(同-1.8ポイント)

3月の景気ウォッチャー調査3ヶ月前と比較しての景気の現状に対する判断DIは48.9(前月比+0.3ポイント)と4ヶ月ぶりの上昇だったが、横ばいを示す50を3ヶ月連続で下回った。2~3ヶ月先の景気の先行気に対する判断DIは49.6(同-1.8ポイント)と5ヶ月連続の低下で、10ヶ月ぶりに50を下回った。景気判断理由としては「天候がすっかり春めいている。需要期の真っ最中でもあるため、新規の来客数も例年同様に好調な状態である(東北=乗用車販売店)」「米国の通商政策などにより、株価が下がることが予想され、富裕層の購買意欲が低迷する(近畿=百貨店)」「米国の保護主義的な動きにより、円高が進行したり、株価の下落が続くと、ビジネスにも影響が出てくる(東海=電気機械器具製造業)」など、株価下落、米国通商政策への懸念が先行き判断DIを押し下げていることが示唆されている。総じて街角景気は昨年末辺りをピークに下降傾向にある。株価や米通商政策の不透明性は成長率予想への下方リスク要因となりつつある。

20180415b図2

[米国]

消費者物価指数(3月)は前月比-0.1%(前年比+2.4%)、同コア指数は前月比+0.2%(前年比+2.1%)

3月の消費者物価指数(CPI)は前月比-0.1%(前年比+2.4%)、食品及びエネルギーを除く同コア指数は前月比+0.2%(前年比+2.1%)と、いずれも前年比伸び率を加速させた。昨年3月の携帯電話料金値下げ要因が剥落し、同品目の前年比伸び率が-2.4%と、前月の同-9.4%から大幅にマイナス幅が縮小したことが全体を押し上げている。前月比ではガソリン(前月比-4.7%)価格低下が指数を押し下げたが、医療サービス(同+0.5%)などの上昇がコアCPIを押し上げた。携帯電話料金要因による3月CPIインフレ率上昇は想定通りであり、今後もCPIインフレ率は前年比+2%を超えて推移、年末はやや軟化して総合、コアともに前年比+2%程度に着地すると見る。需給の引き締まりでインフレ圧力は着実に高まっているといえる。FOMCが年内3回以上の利上げを決定するとの個人予想を支持する内容である。

20180415b図3



スポンサーサイト

コメント

トラックバック