FC2ブログ

<経済指標コメント> 日本の5月全国CPI(生鮮食品を除く総合)は前年比+0.7%

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
[日本]

全国消費者物価指数(5月、生鮮食品を除く総合)は前月比横ばい(前年比+0.7%)

5月の消費者物価指数(生鮮食品を除く総合、いわゆるコアCPI)は前月比横ばい、前年比では+0.7%と前月並みの伸び率にとどまった。生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数(いわゆるコアコアCPI)も前月比横ばい、前年比では+0.3%と前月の同+0.4%から2ヶ月連続の伸び率低下となった。前年比の品目別寄与度は、エネルギー(+0.42%)がプラス寄与したものの、家庭用耐久財(同-0.04%)、宿泊料(同-0.02%)などがマイナスの寄与となった。失業率低下など経済の需給の引き締まりにも関わらず、コアCPIインフレ率は2月の前年比+1.0%をピークに低下傾向にある。ただ、今後年末にかけてコアCPIインフレ率は1%前後に上昇すると引き続き見ておきたい。

20180623図1

[米国]

住宅着工戸数(5月)は年率1350千戸(前月比+5.0%)、着工許可件数は同1301千件(同-4.6%)

5月の住宅着工戸数は年率1350千戸(前月比+0.5%)と反発。6ヶ月移動平均は同1299.5千戸(同+0.6%)とペースを落としながらも上昇を継続している。5月までの4-6月期着工戸数は前期比+0.1%とようやくプラス圏に浮上した。着工許可件数は同1301千件(同-4.6%)。住宅着工許可件数は同1301千件(同-4.6%)と2ヶ月連続の減少。総じて住宅着工は堅調に増加していると見たい。

20180623図2

中古住宅販売戸数(5月)は年率5430千戸(前月比-0.4%)、在庫期間は4.1ヶ月

5月の中古住宅販売戸数は年率5430千戸(前月比-0.4%)と2ヶ月連続の減少。前年比では-0.3%と3ヶ月連続でマイナスの伸びとなった。在庫期間は4.1ヶ月と前月の4.0から長期化した。ここのところ中古住宅販売戸数は減速感があり、在庫期間の長期化が目立つ。中央販売価格は前年比+4.9%と、2016年以来ほぼ2年ぶりに同+5%を割り込んだ。数字上は中古住宅市場の需給が緩和していることが示唆されている。公表元の全米不動産業協会(NAR)はプレスリリースで「在庫不足、価格上昇、金利上昇が消費者を購入から遠ざけている」と述べている。長期金利上昇が少しずつ住宅販売にも影響を与え始めている可能性がある。

20180623図3

スポンサーサイト

コメント

トラックバック