FC2ブログ

<経済指標コメント> 米4-6月期実質GDP成長率(速報値)は前期比年率+4.1%

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
[米国]

中古住宅販売戸数(6月)は年率5380千戸(前月比-0.6%)

6月中古住宅販売戸数は年率5380千戸(前月比-0.6%)と3ヶ月連続の減少。前年比伸び率は-2.2%と4ヶ月連続のマイナスとなった。在庫期間は4.3ヶ月と昨年7月以来の水準に上昇した。中古住宅販売にはここのところ減速感がみられる。しかし中央販売価格は前年比+5.2%と堅調な上昇を見せている。公表元の全米不動産業協会(NAR)はプレスリリースで「需要増加に対して販売が増加していないミスマッチがある」「その理由は在庫不足にある」としている。

20180729図1

新築住宅販売戸数(6月)は年率631千戸(前月比-5.3%)、在庫期間は5.7ヶ月

6月の新築住宅販売戸数は年率631千戸(前月比-5.3%)と反落。在庫期間は5.7ヶ月と長期化した。販売戸数の6ヶ月移動平均は同651.0千戸(同-0.1%)と2ヶ月連続で低下しており、中古同様新築住宅販売にも減速感がみられる。

20180729図2

実質GDP成長率(4-6月期、速報値)は前期比年率+4.1%

4-6月期の実質GDP成長率(速報値)は前期比年率+4.1%と2014年7-9月期以来の強い伸びとなった。需要項目別内訳は個人消費同+4.0%、設備投資同+7.3%、住宅投資同-1.1%、政府支出同+2.1%、在庫投資寄与度同-1.00%、純輸出寄与度同+1.06%。個人消費の加速が成長全体を押し上げた。税制改革による減税効果が4-6月期に入って本格化した形だ。なお今回のGDP統計は5年毎の包括改訂により1929年に遡って改訂されているが、改訂による成長予想への影響は限定的である。2018年通年の成長率は前年比+2.8%レベルとの個人予想を維持する。

20180729図3

耐久財受注(6月)は前月比+1.0%、除く運輸関連同+0.4%、非国防資本財受注(航空機を除く)同+0.6%、同出荷同+1.0%

6月の耐久財受注は前月比+1.0%、除く運輸関連同+0.4%と強めの伸び。設備投資の先行指標となる非国防資本財受注(航空機を除く)同+0.6%、GDP統計上の設備投資(機器投資)の基礎統計となる同出荷は同+1.0%と、設備投資関連指標はいずれも6月に強い伸びとなった。4-6月期の非国防資本財受注(航空機を除く)は前期比年率+10.9%と2桁の伸びとなり、7-9月期以降も設備投資の堅調な拡大が見込める。

20180729図4


スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。