FC2ブログ

「持続的」を強調: 日銀、2%の物価目標設定

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
日銀によるインフレ目標設定と、政府・日銀の共同声明の内容は、概ね当レポートで期待していたものに近い。持続的成長という最終目標をブラさず、かつ現状の日本経済事情を勘案したものと考える。

2%のインフレ目標と期限を定めない資産買入を決定

日本銀行は22日、金融政策決定会合後に「『物価安定の目標』と『期限を定めない資産買入れ方式』の導入について」および「デフレ脱却と持続的な経済成長の実現のための政府・日本銀行の政策連携について(共同声明)」を公表した([第1表]参照)。

インフレ目標は消費者物価の前年比上昇率で2%と設定され、その実現時期は「できるだけ早期に」とされた。また金融緩和の強化のため「期限を定めない資産買入れ方式」として、2014年初から毎月、長期国債2兆円を含む13兆円程度の金融資産の買入れを行うこととした。

1月21日付当レポートで論じた、期待される政府・中銀の協力のあり方に照らしてみると、今回の決定内容ほぼこれに沿ったものとなっている。以下注目すべきいくつかのポイントを指摘してみよう。

[第1表]
20130123第1表


実現時期は「できるだけ早期に」だが、同時に「持続的なものでなければならない」と明記

まず、物価安定目標の実現時期を「できるだけ早期に」としたこと。21日付レポートでは、インフレ目標は長期的か期限を定めない目標とするのが合理的理的と指摘した。短期的な物価目標は、持続的な成長という最終目標への道筋をゆがめる虞や、金融政策の政治利用の虞があるからだ。その意味では今回の決定は金融政策目標が短期化するリスクなしとしない。

しかしこのリスク対し日銀は「金融政策の効果波及には相応の時間を要する」「持続的な成長..の観点から、問題が生じていないかどうかを確認していく」と述べてそのリスクを払拭するスタンスを示している。あくまで最終目標は持続的な成長にあることを明言して、短期的な社会利益追求ではないことを断っている。

また物価安定はも「持続的な」ものでなければならないと述べている。これは2%のインフレ率を恒常的に維持することが経済の持続的成長や金融政策手段の維持のために望ましい状態であって、この目標を短期で無理に達成することが持続的成長に資するものではないことを明言している。

無制限の量的拡大には歯止めをかけた

次に、「期限を定めない資産買入れ方式」が、保有国債の期落ちを勘案し2014年以降基金の残高が一定に維持されるように設計されていること。つまり期限は定めないが量の拡大には一定の歯止めがかかる仕組みで、無制限の国債買入によるマネタイゼーションを回避できる仕組みとなっている。

この資産買入の開始は直ちにではなく、12月会合までで決定した資産買入等が終了する翌年の2014年初からとしている。また、2014年1年間の残高増加額は10兆円と見積もられている。この増加額は既に決定済みの「資産買入等の基金」の今年1年の増加見込み額36兆円(2012年末65兆円→2013年末101兆円)に比べてかなり控えめである。これは将来の追加緩和の余地を残す設計だといえる。

政府の役割である構造改革を明記した

さらに、政府・日銀の共同声明では、政府の果たす役割をこれまでより具体的に書き込んでいる。共同声明では政府の役割は「革新的研究開発への集中投入、イノベーション基盤の強化、大胆な規制・制度改革、税制の活用など思い切った政策を総動員し、経済構造の変革を図る」とされた。これは昨年10月会合後に公表されたいわゆる共同文書の表現よりもかなり具体的に踏み込んでいる。

これは、既にゼロ金利と量的緩和を相当に進めた現状では、デフレ脱却に対する金融政策の限界的な寄与はかなり限られていることを認識したものといえる。また、日本のデフレが単に循環的なものではなく、政府による技術革新支援や規制改革などの改革を要する構造的なものであることを政府・日銀が認識し、責任分担を定めたものといえる。その進展のモニタリングは経済財政諮問会議で行うことも明記され、説明責任の明確化も図られていると言えるだろう。

今年の成長率予想への影響はなし、市場は材料出尽くしで一旦調整へ

総じて、インフレ目標を導入して強力な緩和を推進しつつ、量の無制限な拡大には歯止めをかけ、短期的視野の金融政策に陥らないスタンスを維持した決定だ。今後は政府による構造改革、規制・制度改革等の実行にも期待できる。

なお、本日の日銀の決定は、今年の日本のGDP成長率見通しへの影響は特にない。また市場はSell on Fact で、株価、ドル円いずれも一旦下方への調整局面に入ると考える。


スポンサーサイト



コメント

トラックバック